沿革・取り組み

特別養護老人ホームサンアップルホームグループの沿革、取り組みについて紹介しています。

沿革

1973年(昭和48年) 社会福祉法人 七峰会 設立
1986年7月1日(昭和61年) 国庫補助金にて開設(定員50名)
1987年4月1日(昭和62年) 短期入所生活介護 開設
1990年4月1日(平成2年) 日本財団補助金にて30名増床(定員80名)
1990年10月1日(平成2年) サンアップルホーム デイサービスセンター開設
1998年3月10日(平成10年) サンアップルホーム 在宅介護支援センター開設
1998年4月1日(平成10年) サンアップルホーム ヘルパーセンター開設
2000年4月1日(平成12年) サンアップルホーム 居宅介護支援センター開設
2001年3月1日(平成13年) グループホーム アップル開設
2005年5月1日(平成17年) グループホーム わかば開設
2005年6月1日(平成17年) デイサービスセンター わかば開設
2006年12月1日(平成18年) デイサービスセンター じょい開設
2007年4月1日(平成19年) 弘前市北部地域包括支援センター開設
2008年(平成20年) 配食サービス 開始
2010年4月1日(平成22年) 有料老人ホームわかば 開設

取り組み

基本方針 取り組み 内容
基本姿勢 自立支援介護(おむつゼロ) 「おむつを使わない介護」の実践・昼夜ともにオムツゼロ
個別ケア 従来型でのユニットケア 10名程のユニット単位で、顔なじみの職員がケアにあたる
仕事のやりがい 全国大会などでの発表 日々の実践を、大舞台で発表する機会の創出
プロジェクトチームの活躍 自主的なチームの活動(嚥下・認知症・自立支援など)
基盤整備 人材育成 階層別・職域別研修の実施・外部研修への積極的な参加
各種事業の展開 在宅生活から、入居までのトータルサポート体制
地域福祉拠点 配食サービス 施設独自事業として、弁当の宅配
認知症の人と家族の会 講演会・つどいなどのお手伝い(施設~賛助会員)
地域交流 納涼祭・防災協力会・地域行事など
社会の発展向上 福祉体験学習受け入れ 小中学校からの受け入れ
資格取得実習生の受け入れ 学生・社会人の受け入れ
医療行為のモデル事業 看護と介護の協働
「おむつゼロ」啓蒙活動 施設見学・他施設研修会での講師

年中行事

うまいもの祭り(5・12月)

日頃、お世話になっているご家族をお招きし利用者さん、職員と共に食卓を囲み楽しい時間を過ごして頂いています。

開園記念日(7月1日)

昭和61年の開園から現在に至るまで、園の運営等にご尽力下さった皆様に感謝をし、記念撮影と祝い膳で開園のお祝いをします。

大納涼祭(7月最終日曜日)

昭和61年の開園当初から行われてきた大納涼祭は近隣地域の皆様にも加わって頂き当園の祭りのみならず、地域の夏を彩る大きなイベントとなっております。

敬老会(9月)

人生の先輩たる利用者さんが歩んでこられたこれまでのご功績と、これからの健康長寿を願いご家族、職員一同でお祝いいたします。

スタッフブログはこちら

サンアップルホームの日々の出来事を更新中!スタッフブログはこちらからご覧ください。
スタッフの紹介はこちらから

みなさまとの「合縁奇縁」を大切にいたします

サンアップルホームに関する情報はこちら
積極的に自立支援介護に取り組み、「おむつゼロ・水分・常食・歩行」を、「知識をもち、しっかりした理論で実践」し、高品質なサービス提供に努めています。

ページ上部へ戻る